LEXICON

 

VIVIANE SASSEN

ヴィヴィアン・サッセン

 

72 pages, 4c, 28 x 22.6cm, Hard cover

Edited by Shigeo Goto, Sawako Fukai

Designed by Yoshihisa Tanaka

Japanese paper by Hironao Hamada (hamadawashi Co., Ltd)

浜田兄弟和紙製作所

First edition, October 2014

1,000 copies

Printed in Japan

ISBN 978-4-902080-48-3

¥5,400 (tax in.) / 50 euro SOLD OUT

世界のトップフォトグラファーとしてファッション・マガジンやキャンペーンで活躍する傍ら、自らのルーツである南アフリカを舞台としたオリジナリティと現代性溢れる写真作品を精力的に発表し、2011年には国際写真センター(ICP、ニューヨーク)が選ぶICPインフィニティ賞を受賞するなど、世界の現代写真界の重要な作家として揺るぎない存在となったオランダ人女性写真家、ヴィヴィアン・サッセン。

ヴィヴィアン・サッセンにとって初めての日本での写真集『LEXICON』は、2013年ヴェニス・ビエンナーレにおいて、芸術監督マッシミリアーノ・ジオーニ氏とサッセンが共同で初期の作品を再構成した全31点を新たに一冊にまとめたものです。南アフリカで撮影された初期の代表作品から2013年に撮影された近作までが、死や哀悼、親しい者と繋がることへの切望、孤独や畏怖など人間の根源的な感情をテーマに再編集されています。

 

Viviane Sassen, renowned fashion photographer who signed campaigns for prominent fashion houses, is also regarded as one of the most interesting artists of our time. Her work has been exhibited internationally in solo and group exhibitions at Nederland Fotomuseum in Rotterdam (2013), Huis Marseilles in Amsterdam (2014) and the Museum of Modern Art in New York (2011) among the others.

Her first photo book in Japan, "LEXICON" includes the series by the same title which was chosen by Massimiliano Gioni to be part of The Encyclopedic Palace at the 55th Venice Biennale (2013). The thirty-one images, encompassing iconic and more recent ones, wove together the themes recurring in her work: death, mourning, the fear of being alone and the longing for an emotional connection. The profound sensitivity behind the vivid images is enhanced by a  delicate book design and the use of special Japanese paper.

Copyright © 2014-2016 artbeat publishers. All Rights Reserved.