RASTERIZER

 

NORIHITO OGATA

緒方範人

 

112 pages, 4c, 18.2 × 24cm, Soft cover

Edited and produced by Shigeo Goto

Designed by Hideki Nakajima (Nakajima Design)

First edition, September 2016

1,000 copies

Printed in Japan

ISBN 978-4-902080-59-9

Price: 4,320 JPY, 38 EUR, 30 GBP

緒方範人初の写真集『RASTERIZER』は、緒方が2012年より制作を続けてきたシリーズ「On the Shoreline」、そしてそのシリーズをさらに発展させた作品「Datascape_On_the_shoreline」をまとめた一冊です。東日本大震災の後、緒方は被災地を訪れては津波と地震によって破壊された家々を建築竣工写真と同じタイポロジー的手法で記録するという行為を続けてきました。それは震災の記録から、荒れ果てた地に新築される住居、もしくは復興する町並みにそびえる朽ちた建物等、人間の矛盾と「再生とはなにか」という問いへと発展していきました。新作「Datascape_On_the_shoreline」では400枚以上の写真が245pixelに分解され、自動演算でランダムに描かれる建築の新しい様相によるタイポロジーが誕生しています。現実をピクセル化する媒介(RASTERIZER)として存在する作家の目を通し、破壊と再生について問いかけています。

 

"Rasterizer" features Norihito Ogata's new work "Datascape_On_the_shoreline", which was developed from the series ‘On the Shoreline’ (2012) as the base concept. ‘On the Shoreline’ are images of buildings that were damaged by The Great East Japan Earthquake. These images are reconstructed using photographic typology. Approximately 400 photographs have been cut into squares of 245 pixels and these cut pieces have been randomly restructured to recreate a new typology. The images visualize the process of rasterization and indicate the ambiguity between destruction and restoration.

Copyright © 2014-2016 artbeat publishers. All Rights Reserved.