artbeat publishers

TOKYO

 

PAUL KOOIKER

ポール・コイカー

 

236 pages, 4c, 21 × 28cm, Soft cover

Designed by Jurgen Maelfeyt for 6'56’'

Japanese cover design by Tetsuro Furutani for Futurani Design

Produced by Shigeo Goto, Sawako Fukai, G/P gallery

Published by Artbeat Publishers / Art Paper Editions

First edition, February 2017

1,200 copies (Japanese edition: 300 copies)

Printed in Belgium

ISBN 978-9-490800-58-1

Price: 4,800 JPY (+ tax), 40 EUR

この度、 Artbeat Publishersは、ベルギー・ゲントを拠点に活動するArt Paper Editionsと共同でオランダ人アーティスト、ポール・コイカー最新写真集『Tokyo』を出版いたします。

高い評価を受けた写真集『Nude Animal Cigar』(2015、Art Paper Editions)から2年。今回の新シリーズは2015年にモンドリアン財団の助成により実現したG/P Gallery招聘プロジェクトでコイカーが来日した際に東京で行われた一度きりのフォト・セッションをもとに制作されました。コイカーは東京のとあるビルで、セミヌードの日本人モデルを十数枚のカラー写真に収めました。コイカーは モデルの臀部に焦点を絞ってフォトショップ加工による実験を続け、全部で数百枚のイメージを作成。その中から106枚に絞って写真集『Tokyo』が制作されました。この写真集は、ある一つの主題に対する膨大なバリエーションの可能性という写真の性質を提示しています。そのイメージは、20世紀のアートに造詣が深い読者にとってはほとんど不可避的に構成主義やキュビズム、シュールレアリスム、抽象表現主義、ポップアート、ミニマリズムなどの芸術運動を想起させますが、『Tokyo』は絵画の画集ではありません。むしろコイカーは、写真を限界にまで拡張、イメージを極度に抽象化しながらも、クリシェとなったデジタル加工を偏執的なまでに繰り返し、究極的な自由を獲得しているのです。その飽くなき実践が、物語性や感情を排した編集により、写真集とアートブック両方の可能性を抱いた野心的な写真集としてここに結集しました。日本国内では、 特別版として制作した日本版表紙(300部限定)がお求めいただけます。

 

Artbeat publishers is delighted to announce the new publication, TOKYO by Paul Kooiker, as the joint publication with Belgium-based Art Paper Editions. This project was originally initiated by G/P gallery’s invitation project of the artist to Tokyo. During Kooiker’s short residency in Tokyo, photo session with local female models took place. Later on, in the process of working on this series Kooiker downsized the image to a square format, shifting the focus to the model's bottom, while he kept labouring on and experimenting with this basic image in Photoshop. For Tokyo, Kooiker selected 106 from several hundreds of images. The book presents the widest array of possible variations on a theme. While images represent his artistic ambitious approach and inspiration from the city, Kooiker pushed photography to its very outer limits. Kooiker has travelled the dual track of image abstraction and obsessive repetition of a single digital cliché, thereby permitting himself ultimate freedom. It resulted in a high-spirited picture volume, devoid of any narrative editing, walking the line between art catalogue and artist's book.

Copyright © 2014-2016 artbeat publishers. All Rights Reserved.